●Excelコマンド

Excelコマンド

Excelに関係するの操作を行うコマンドです。

注意事項
ExcelコマンドはExcel自体をアクティブにする機能はありません。
裏で動きます。
表に出したい場合はウィンドウコマンドーウィンドウの選択で指定してください。

Excelの開始

Excelを使い始める際に、最初にこのコマンドを起動します。
設定箇所 設定内容 入力・選択内容 変数
インスタンス名 Excel操作の一連の流れの中で
統一したあだ名をつけます
・任意のあだ名 ×

※注意 Excelを起動させた場合、必ず対となる「閉じる」コマンドを実行してください。
Excelを閉じるコマンドを実行することでインスタンスが終了します。そのため、閉じずに再度同じインスタンス名でExcelを起動すると、エラーになります。その場合はマクロマンの再起動が必要になります。

ブックを開く

既存Excelを開くコマンドです。
設定箇所 設定内容 入力・選択内容 変数
インスタンス名 Excel操作の一連の流れの中で
統一したあだ名をつけます
・任意のあだ名 ×
ファイルパス 開きたいExcelのパスを指定します ・Excelのファイルパス ×

ブックの追加

新規で空白のブックを開くコマンドです。
設定箇所 設定内容 入力・選択内容 変数
インスタンス名 Excel操作の一連の流れの中で
統一したあだ名をつけます
・任意のあだ名 ×

セルの移動

既存Excelを開くコマンドです。
設定箇所 設定内容 入力・選択内容 変数
インスタンス名 Excel操作の一連の流れの中で
統一したあだ名をつけます
・任意のあだ名 ×
セルのアドレス 移動先のセルのアドレスを指定します
範囲指定も可能です
・Excelのセルのアドレス
 ※A1やB2等
×

セルの範囲指定方法はこちら

セルに値をセット

指定するセルに文字列や値を入力するコマンドです。
設定箇所 設定内容 入力・選択内容 変数
インスタンス名 Excel操作の一連の流れの中で
統一したあだ名をつけます
・任意のあだ名 ×
テキスト セルに入力する内容を指定します。 ・入力したいテキスト
・変数
入力形式 セルに入力する際の形式を設定することができます ・標準形式で入力
・文字列形式で入力
×
セルのアドレス セットするセルのアドレスを指定します
範囲指定も可能です
・Excelのセルのアドレス
 ※A1やB2等

セルの範囲指定方法はこちら

セルの値をゲット

該当セルの値を取得し、変数に格納するコマンドです。
設定箇所 設定内容 入力・選択内容 変数
インスタンス名 Excel操作の一連の流れの中で
統一したあだ名をつけます
・任意のあだ名 ×
セルのアドレス ゲットするセルのアドレスを指定します
範囲指定も可能です
・Excelのセルのアドレス
 ※A1やB2等
変数 取得した値を格納する変数を選択します ・作成した変数 ×

マクロの実行

Excelに保存しているマクロを実行することができるコマンドです。
設定箇所 設定内容 入力・選択内容 変数
インスタンス名 Excel操作の一連の流れの中で
統一したあだ名をつけます
・任意のあだ名 ×
マクロ名 Excelに保存してあるマクロ名を指定します
大文字小文字は判別しません
・Excelのマクロ名 ×

最終行をゲット

指定した列の最終行の行数を取得するコマンドです。
※最終行の取得の仕方は、シートの一番下のセルに移動してから、
 Ctrl + ↑で取得するイメージです。
設定箇所 設定内容 入力・選択内容 変数
インスタンス名 Excel操作の一連の流れの中で
統一したあだ名をつけます
・任意のあだ名 ×
最終行を取得したい列を指定します ・Excelのセルの列名
 ※AやBなど
×
変数 最終行の値を格納する変数を指定します ・作成した変数 ×

閉じる

Excelを閉じるコマンドです。
設定箇所 設定内容 入力・選択内容 変数
インスタンス名 Excel操作の一連の流れの中で
統一したあだ名をつけます
・任意のあだ名 ×
保存 編集したExcelの
保存の有無を選択します
・保存して閉じる
・そのまま閉じる
×

シートの指定

Excelの操作対象のシートを指定できるコマンドです。
設定箇所 設定内容 入力・選択内容 変数
インスタンス名 Excel操作の一連の流れの中で
統一したあだ名をつけます
・任意のあだ名 ×
シート名 操作対象のシート名を指定します ・Excelのシート名

行の削除

指定する行の削除を行うコマンドです。
注意:このコマンドでは一行分しか削除できません。
         複数行をまとめて削除したい場合はセルの削除コマンドを使用します。
設定箇所 設定内容 入力・選択内容 変数
インスタンス名 Excel操作の一連の流れの中で
統一したあだ名をつけます
・任意のあだ名 ×
行番号 削除したい行番号を指定します ・行番号
上にシフト ・Yes⇒削除した行分、下の行を上に移動させます
・No⇒削除セルを空白にします
・Yes
・No
×

セルの削除

指定するセルの削除を行うコマンドです。
※範囲指定が可能ですので、複数セルや列・複数行も指定可能です。
設定箇所 設定内容 入力・選択内容 変数
インスタンス名 Excel操作の一連の流れの中で
統一したあだ名をつけます
・任意のあだ名 ×
セルのアドレス 削除したいセルのアドレスを
指定します
・Excelのセルのアドレス
※A1やB2等
 
上にシフト ・Yes⇒削除したセル分、
 下のセルを上に移動させます
・No⇒削除セルを空白にします
・Yes
・No
×

セルの範囲指定方法はこちら

データセットの作成

Excelを読み込み、テーブル状のデータ(=データセット)を作成するコマンドです。※このコマンドはインスタンス名がありませんので、
 Excelの開始コマンドをセットする必要はありません。
 なお作成したデータセットはエクセルの一行目から読み込まれます。
 現在のところ、ループコマンドーExcelデータセットのループで回数を認識する
 ぐらいしか使えませんが、
 今後はテーブルとして利用できるようにする予定です。
設定箇所 設定内容 入力・選択内容 変数
データセット名 これから作成するデータセットの名前を決めます ・任意のデータ名
ファイルパス 読み込み対象のデータの入ったエクセルのパスを指定します ・Excelのパス ×
シート名 対象データが入ったエクセルのシート名を指定します ・Excelのシート名 ×